40代からの女性を応援。慢性的な肩こりや腰痛、猫背を姿勢改善ストレッチ、骨盤・介護予防体操、ヨガ、セルフリンパケアとメディカルアロマテラピー。福岡市南区高宮MBCスクール

久しぶりのMy school

久しぶりのMy school

ビルの1室、20畳のワンルームを借りて
ボディポテンシャルスクールをしています。

本日がスクールの初日でした。

普段、人の気配がないと
部屋全体が冷え切っていますね。<img height="16" alt="雪の結晶" src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/124.gif" width="16">

お正月明けで体も目覚めきっていない可能性が高いので、
本日のレッスンは動きチェック的なプログラム構成にしてみました。

ポテンシャルトレーニングの概念を入れた
ダイナミックストレッチ、
骨盤時計
股関節・膝・足首の連動を実施。

その後にポテンシャルヨーガを実施。
ネコのポーズ、背中を伸ばすポーズ、
山のポーズ、椅子のポーズ、

最後にポールを使ってのポテンシャルトレーニング。

そしてカラーブリージング。

受講者の方も
やはりいつもと動きが違う感じのようでした。
元日前後、寒かったので
「とても体が固まってる感じ」と仰ってたし。

ただ、年末参加なさってた時と比べて
身体感覚は繊細に変わりつつある感じです。

体の力を抜くというのはどういうことか、
寒い時に体に力が入っても肩が凝る人と凝らない人の違いは?

ということもレッスンの合間にお話して
「余計な力を抜く」
イメージも少し感覚としてつかめていただけてるようです。

しばらく寒い季節が続きますが、
これを上手く利用して
寒いから固まりやすい身体を
どうしたら、ゆるめてナチュラルな動きに改善できるのか、
身体の中での動きの伝わり方を
今月のテーマにします。

ボディポテンシャルについては
日本ボディポテンシャル協会

本「ボディポテンシャルトレーニング―カラダの機能回復とスポーツ動作の改善に効果的 (からだ読本)

img style="BORDER-RIGHT: medium none; BORDER-TOP: medium none; MARGIN: 0px; BORDER-LEFT: medium none; BORDER-BOTTOM: medium none" height="1" src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=wakatakagunda-22&l=as2&o=9&a=4381086066" width="1" border="0"> 」
DVD(協会HP
でも購入できます)

も発売されています。

ただし、初めてされる方は最初は指導士のレッスンを
お受け下さい。

また、初めての方、本を読んだだけでは無理です。
必ず、指導士のレッスンを受けて下さい。

時々、本だけ見て自己レッスンなさってる方がいらっしゃるようで、
(某講座の受講生のお友達みたいで…。間接的に聞きました)
どうもボディポテンシャルトレーニングを我流で解釈なさって
実行してらっしゃるようです。
ボディポテンシャルとは似ても似つかない動作になってるようで<img height="16" alt="ガーン" src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/141.gif" width="16">
残念なのは直接、お会いできない方なのです。
受講生も「ちゃんと指導士のレッスン受けた方が良いわよ」
と言ってくださってるのですが
その方、
「本読んで分かったから大丈夫、大丈夫」
と聴く耳をお持ちで無いようなんです。
いつかきちんと指導士のレッスンを受けて欲しいです。

あと、ボディポテンシャルは特許庁に登録されていますので、
著作権が存在します。
ボディポテンシャルトレーニングの名称を使って指導できるのは
協会認定の公認指導士だけですので、ご注意下さい。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

本日も応援のクリックを宜しくお願いいたします。

人気ブログランキング

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional