疲れ・むくみ冷え解消、更年期、慢性的な肩こり・四十肩や腰痛予防軽減、猫背改善ストレッチ、骨盤・介護予防体操、セルフリンパケアとメディカルアロマテラピー 福岡市南区高宮 健康づくりサロン MBCスクール

正解のないトレーニング

正解のないトレーニング

いろいろな方とレッスンでご一緒しています。

まず、お見えになる方全てに当てはまるのかな? と感じるのは

「とても真面目」

だということ。

前向きだし、積極性もある方ばかり。
当然ですよね。自らの意思でエアロに、ポテンシャルトレーニングに、ポテンシャルヨーガにいらっしゃるのですから。

特にポテンシャル系のレッスンで感じているのですが

「正しい体の使い方」
「正しい動き方」

にとても関心が高い。

とても関心があるあまりに
「自分の体の使い方は間違ってないだろうか?」と
「正解」「不正解」にとらわれがちな傾向がうかがえます。

確かに
骨格の構造上、その動きは怪我のもとになるから注意
といったセオリーはあります。

でもそれは絶対ではないのです。

ひとりひとり顔が違うように体つきも微妙に違います。
ですから動き方も微妙に違うことは多々あります。

文章で表現するのは非常に難しいのですが、
ある動き方がAさんには正解でもBさんには正解だとは限らないのです。

生徒さんや研修会受講生の方々に
「mt先生、私の動きは間違っていませんか?
正しい動きはしていますか?」
とよく聞かれます。

私は何と答えるか、というと
「あなた自身はどう思いますか?」
です。

ポテンシャルトレーニングはその人の持つ潜在能力を引き出すトレーニング。
動いてみて自分がどう感じるのか?
痛み違和感があるのか?
余計な力のない動きをしているのか?
これらは動いてる本人しか分かりません。

動作を見ていて、私は「大丈夫そうだな」と感じても、動いてる人が痛いかどうかは表情やしぐさに出ない限り、分からないのです。

よく涼しい表情でなさっていて、あとで「実は痛かった。我慢していた」という方は結構いらっしゃいます。形どおりに動くことが「正しい」と刷り込まれているタイプの方に多く、体が発する「痛み違和感」という信号をキャッチしそこなうことが多いようです。

確かにポテンシャルトレーニングにもある程度のお約束はあります。
例えば四つんばいになった時に
肩関節の直下に手をつく
股関節の直下に膝をつく
といったように。

人によっては直下ではなく、多少体の内側に手や膝をついたほうが安定する方もいらっしゃいます。
その人の体つきにとっては、これが正解なんです。

ポテンシャルの研修を受けていて、これで戸惑う方も多いですね。
「かくあるべき」「これが正しいやり方」にこだわるタイプ。

最大公約数的セオリーはありますが、それがオールOKでは無いのです。

あと、よくあるのが
「mt先生、動いて見せて下さい」

基本的に却下します。
私の体にあった動きであって、あなたの体にあった動きとは限らないからです。

関節のつき方、手足のリーチ、可動域、左右前後上下の動きの癖。

誰一人、同じではないのです。

その人の体に沿った動き、
あえて言えばそれが正解かもしれません。
でも、その正解も加齢や身体発達の変化で変わるかもしれません。

ボディポテンシャルについては

日本ボディポテンシャル協会

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

本日も応援のクリックを宜しくお願い致します。

人気ブログランキング

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional