40代からの女性を応援。慢性的な肩こりや腰痛、猫背を姿勢改善ストレッチ、骨盤・介護予防体操、ヨガ、セルフリンパケアとメディカルアロマテラピー。福岡市南区高宮MBCスクール

2日で1キロ! 体重が落ちた!! Why?

2日で1キロ! 体重が落ちた!! Why?

なんか、怪しい広告のキャッチコピーみたいですが(笑)。

キモは股関節

ことの起こりはこの前の火曜日。生徒Aさんがけっこうお疲れ気味。
他の生徒さんも
「Aさん、今日はむくんでるね~」なんて仰ってて…。
Aさん自身も
「足はカ~~っと変な暑さがあるし、体はだるいし…。更年期的な感じなんだ」と。
この日はボディポテンシャルメソッドのクラスでした。

骨盤やら背骨やら、いろいろ動いてもらってましたが…。
Aさん、いつも以上に股関節が窮屈そう。なんか足の付け根が詰まり気味。
うん、今回の不調はこのあたりにあるなぁ、と目星をつけました。

「自分では真下のつもりだった」というAさん

四つん這いになって背骨の丸め伸ばしの動きをしてもらった時のこと。
姿勢の指示をする際に
「肩関節の真下に肘と手首、股関節の真下に膝を置いてください」と告げます。
Aさんが自分の感覚で股関節の真下だ、と思ってた位置は、実は随分前の方(手首方向)だったんですね。
何回か「股関節の真下になってますか?」と問いかけしたけれど、Aさんはなかなか気づかない。
何回目かの時に
「Aさんが思ってる”股関節の真下”と私が見る”股関節の真下”は違うのは感じますか?」と告げた。

この時、Aさん、初めて気づいたようでした。
「自分では股関節の真下に膝を置いてたつもりだった」

感覚がずれた原因

Aさんのケースなので、一例だと思ってください。
Aさんの感覚と実際の位置がずれてた原因はいくつかありますが
大きな原因は胸筋の緊張しすぎ。デスクワークで前かがみも原因。
猫背も原因かな。
上半身の上部の過緊張が、股関節と膝の位置関係にも影響与えてました。

股関節周辺が整うとリンパも流れやすい

Aさん、この日のレッスンで
股関節
丸め伸びした時の背骨の動き
を明確に意識してもらいました。
そして家事する時の動きの注意点もレクチャー。

Aさん、その日から、股関節の感覚に意識をむけまくってたようです(笑)

2日で1キロ落ちた

火曜日のあと、Aさんとは金曜日もレッスンでご一緒しますが…。
嬉しそうに、記事タイトルの言葉を仰った。

「股関節の動きの感覚を意識してたら、体が楽に動いて行くのがよく分かってた。
リンパなんかも滞ってのがす~~と流れ出して代謝も良くなったのが自覚できる。
2日で体重が1キロスト~ンと落ちて、体がめっちゃ軽くなった!!!」
(体脂肪も落ちてらっしゃいます)

動きの癖が流れを、代謝を妨げてた

リンパマッサージなども有効ですが、Aさんの場合は
「股関節を窮屈にさせやすい」
という動きの癖がネックでした。
気づきにくい「動きの癖」。ボディポテンシャルメソッドで気づきとトレーニングをしていくと、解消できます。


ダイエット 代謝 気づき 股関節

http://mbc-school.com/index.php?cmd=rss&qblog_rss=1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional