疲れ・むくみ冷え解消、更年期、慢性的な肩こり・四十肩や腰痛予防軽減、猫背改善ストレッチ、骨盤・介護予防体操、セルフリンパケアとメディカルアロマテラピー 福岡市南区高宮 健康づくりサロン MBCスクール

高齢者の体力低下には要注意。これを見逃さないで。

高齢者の体力低下には要注意。これを見逃さないで。

介護イメージ1_480px

先週はいろいろなセミナーに出てました。
テーマは「高齢と人口減少」。

産業構造も今までとはごろっと変わるし、これまでの経験が役にたたなくなることも頻発するだろうということが、より具体的に認識できました。

人口が減るってことは、生活のインフラにもすごく影響がありますね。
私の中でのイメージって、日本全国が限界集落傾向になる感じ。
様々な対策が講じられるでしょうが、見逃してはいけないことは…


「年齢関係なく心身健康で、元気に動ける状態であること」


なんじゃないかなと思っています。

歩く人1

先日のメディカルアロマテラピーカウンセリングで。
ご本人ではなく、ご家族の方の健康相談でした。

身近な親族が歳を重ねていき、

  • 動くのが億劫
  • 回復力の低下

が気になるので、メディカルアロマテラピーで元気づけられないか?
との主訴。


お年を重ねた方の活動量が減ることは、QOLの低下に直結します。
身内としては何とかしたいと思うのは、当然な感情。


他に健康を損ねる要素の有無をお聞きして、ご家族の方に合わせてカスタマイズしたブレンドレシピをご提案しました。


とにかく、高齢なので強壮が重要。

強壮作用を持つ精油があるのでそれを活かすことができます。

  • アカマツヨーロッパ
  • ワイルドキャロット
  • ローズウッド
  • シダー
  • ニアウリ

の精油を使ってジェルを作っていただきました。

そして、1日3~6回手首に小豆1粒大を塗布する使い方を説明。

画像の説明

メディカルアロマテラピーは、「匂い・香り」じゃないのが特徴。
上に書いたように「塗る」アロマテラピー。
※精油を直接塗るのは非常に危険なのでやめてくださいネ。

実は「香り」にはプラシーボ的効果は多少ありますが、人によっては効果が全くなかったりする不安定なもの。
精油は、それが持つ薬理成分を安全に体に取り入れて初めて、健康管理に使えるのです。
なので、この場合、匂いを嗅ぐ、よりも、精油をジェルに混ぜて「塗る」やり方が向いています。

「なんか体調がすぐれないな…」
「病院に行くほどでもないのよね」

という時に、アロマジェルを塗ることで、市販薬と併用したり、市販薬の代わりに役立てることができます。


今回のようなケースは、アロマはとても得意な分野。
しかも標準医療(医療機関での治療)の邪魔もしないので、すごく使いやすい。


植物の力で、何とか心が元気になっていただけると嬉しいなと、思います。

メディカルアロマテラピーカウンセリングのご相談

下記の講座・イベントでもお受けてしてます。

カウンセリング中

MBCスクール主宰
武内美紀

にほんブログ村 健康ブログ セルフケアへ

HP 主宰者 お問合せ アクセス メディカルアロマテラピーs ボディワーク セルフリンパケア お客様の声 資格取得研修会一覧 講座カレンダー 月別講座案内 ブログトップ RSS

メルマガ
メルマガ登録者募集中。読むだけで自分の癖の気づきになる
【無料メール講座「肩コリを治す5つのコツ。いつもの【しぐさ】を再チェック」

instagram twitter facebook mikitakechi135 facebookpage MBCスクール facebookpage JMAA福岡支部役員校

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional