疲れ、むくみ冷え、更年期、慢性的な肩こり・四十肩や腰痛、猫背改善ストレッチ、骨盤・介護予防体操、セルフリンパケアとメディカルアロマテラピー。福岡市南区高宮MBCスクール

動きの伝わり方。

動きの伝わり方。

怒涛の研修シーズンがようやく先週を持って終わりました。
4月の中旬から5月末まで、ほとんど土日は東京、大阪、地元での研修。。。
覚えることいっぱいで、キャパの乏しい私の脳細胞は悲鳴・冷や汗の連続でございました。
(アンタの脳みそは筋肉やろと思っている読者諸氏。はーい、そのとーりでござんす)

機会があって日本ボディポテンシャル協会の橋本主宰に
ボディポテンシャルのベースになっている
フェルデンクライスメソッドのATMをしていただけました
(地元ではなかなか受講チャンスがありません。
っていうか、フェルデンクライスの指導者が我が地方では確か2~3人しかいらっしゃらない)

マジに貴重な体験でした。
感覚のトレーニングなので、やったことでじゃあどう感じるのか? は受講者各人の感覚次第。
いろいろと感じる人もあれば、なーんか全然わかんなかったという人もあるようです。

この時していただいたのは「あご」。
45分間、あごや頭を動かしていただけですが、
あらら不思議、背中の張りが消えておりましたですよ。

今までも、骨格の動きには意識を向けてトレーニングしてきましたが、今回、体の一部を動かすと身体の他の部分にどんなふうに影響するのか? を実感。

これをきっかけにボディポテンシャルトレーニングをもう一度全身の動きと各部の動きの関係から見つめなおすことが出来ました。

仰臥で、頭を動かした時、腕を動かした時、骨盤を動かした時、
足首を動かした時その他諸々やってみて、
例えば、頭を動かした時に
鎖骨は? 肩甲骨は? 胸骨は? 肋骨は? 骨盤や股関節等の下肢は? とありとあらゆる身体箇所の動きの伝わり方をチェック。

ええ、そりゃぁ、スンゲー面白いです
自身の身体で遊んでる感じ

あらためて
「へぇ~、私の体ってここは動いてるけどこっちはいまいちなんだ!!」と再発見も。

なんとなく疲れる部分が決まってるのも分かりますね。
だって動きが曖昧だもんね。

ご自分の体の中で動きがどんなふうに伝わっているのか
お知りになりたい方はぜひボディポテンシャルトレーニングを!

最寄の教室やワークショップなどの情報は
日本ボディポテンシャル協会で教えてもらえます。

あ、ところで先週の大阪、大変お世話になりましたです。
研修講師のK講師、一緒に受講したO先生、K先生、F先生、
とても有意義な2日間でした。

で、夜、ゴハン一緒にしてくれたtonacoさんとtorishさん、
本当にお世話になりましたです。
とっても濃い話も出来て
ヲタクトーク炸裂ってこともなかったけれど
それでも、うん、やっぱり大声では話せないと思う。

    powered by Quick Homepage Maker 5.3
    based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

    最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional