40代からの女性を応援。慢性的な肩こりや腰痛、猫背を姿勢改善ストレッチ、骨盤・介護予防体操、ヨガ、セルフリンパケアとメディカルアロマテラピー。福岡市南区高宮MBCスクール

言葉の重要性@養成コース後期初日を振り返って(笑)

言葉の重要性@養成コース後期初日を振り返って(笑)

言葉の重要性@養成コース後期初日を振り返って(笑)
言葉の重要性@養成コース後期初日を振り返って(笑)

えーっと、一応、ワタクシも養成講師として、お仕事してる様子もブログに残しておこうっかな~と、記事アップしてます。

だって今日の記事なんて、ランチとおやつの設定しかしてないようにしか見えん。。。

言葉の重要性@養成コース後期初日を振り返って(笑)
(おやつは川路指導士の差し入れ。いつもありがとうございます。)

今日はがっつり「骨盤時計」のレクチャーをば、いたしました。

画像は、私の講義後、各自練習するメンバー。
いっせいにノート掲げて練習してる様子は見てて楽しかった。

この骨盤時計は骨盤体操インストラクターの養成コースにも含まれてるカリキュラムだけれど、「教え方の教え方」が違います。

ティーチングとコーチングの違いみたいな。

骨盤体操インストラクターはティーチング。そう、エクササイズ。単純な反復動作。

ボディポテンシャルA級指導士はコーチング。トレーニング。意識を向けて動きを感じ取る。

ぱっと見、同じことに見えるけれど、ぜんっぜーん、違う。

エクササイズはどちらかというと現状維持的な感じ。

トレーニングは、能力向上を目的としてる。とくに感覚を大事にするので潜在意識への働きかけもある。

なので、指導するための言葉がけからして違う。

骨盤体操インストラクターは、単純な動きの指示をし、教え込んでいく。

ボディポテンシャルA級指導士は、気づきをもたらす言葉がけをしていく。

このボディポテンシャルA級ではほぼ、全員が「言葉がけ」の壁にぶつかる。

日ごろ、いかにぞんざいな、曖昧な言葉で指導してるか、思いしらされることになります。
(あ、特に私は言葉の選び方のチェックは厳しいですから。。。)

ちょうど宮田先生
がグッドタイミングで記事アップしてくださってるので引用します。

○●○●○●○●○●(引用開始)○●○●○●○●○●

仰向けにねて、立てている膝を動かすときに‥‥

膝を右に動かして戻す

膝を右に倒して起こす

同じ動きを上の二つ言い方で説明したときのイメージには違いがあります

「倒して起こす」は膝を倒した状態にする、そして単純にそれを起こして元の位置に戻して立てる

それだけの動きになりがちです

「膝を動かす」は動きの“質”を感じるという作業をしやすくする導きの言葉だと思います

サラっと聞き流してしまいそうな言葉の違い‥‥‥でもそれは、とても大きな違いなんです

研修会では、そのことをしっかりと理解してもらうことを大事にしました

○●○●○●○●○●(引用終了)○●○●○●○●○●

で、言葉の重要性を実感してもらったあと、骨盤時計のトレーニングをエアロビクスの動作と
どう関連付け考えるか? をやってみました。

ボックスステップ

意外と複雑な骨盤と股関節の動き、重心の移し変えを要求される動作。
kiskさん
苦労してたね)

あと
フライクロス、ステップタッチ、マンボ

両脚ジャンプ時の足関節の使い方、そしてぐるっと一回転する時のカラダの使い方
(案外、みんな軸がズレてるのね。。。。<img alt="ドクロ" src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/152.gif" width="16" height="16">

上肢下肢の使い方(コレはこの記事
の内容をこのまんま、やった。<img alt="ガーン" src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/141.gif" width="16" height="16">おーい、みんな自主トレやってね~)

再受講組もいましたので、より実践に応用できる内容もプラスしてみました。

さぁて明日は講義最終日。明後日は認定試験です。

とりあえず、ワタクシ、ちゃんと養成コースのお仕事してるのよ、とアリバイ作りのような記事書けたので、

寝ます。

じゃ。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional