40代からの女性を応援。慢性的な肩こり・四十肩や腰痛、猫背改善ストレッチ、骨盤・介護予防体操、ヨガ、セルフリンパケアとメディカルアロマテラピー。福岡市南区高宮MBCスクール

あなたの体の本当の柔軟性を測定。怪我しないためには?

あなたの体の本当の柔軟性を測定。怪我しないためには?

安楽座 怪我しないストレッチ 怪我予防 体を柔らかくするストレッチ 方法 体が固い理由 ストレッチ 40歳 50歳 60歳
お盆が近いですね~。帰省される方、旅行に行かれる方。
お気をつけてお出かけください♪

記事タイトルの「体の本当の柔軟性」。
え? 柔軟性に本当も嘘もあるの?って思った人もいるかも。
本当も嘘も、実はないのですが(笑)
柔軟性というものの捉えた方に偏りがあるなぁと常々感じてるので、ちょっとこんなタイトルにしてみました。

柔軟性というと、ヨガのポーズのようにすごくアクロバティックなものを思う方も多いですね。
それも、柔軟性のひとつなんですが、今回私が考えるもうひとつの柔軟性とは?


ボディワークのレッスンをしていると
「床の上が苦手」という方が時々いらっしゃいます。

フローリングの床の上に直に座ったり寝転がったりするのが苦手、ということなんです。
ストレッチマットやヨガマットがあれば大丈夫と。

反対に、固い床でも平気で座ったり寝たり出来る人もいます。


何がその違いを生んでるのか?

それは

  • 全身の関節のひとつ1つが微妙に固い
  • 体が歪んでいる

ということが原因なんです。

こういうケースもあるんですよ。
開脚前屈はOKでも、固い床に寝転がれないって。

こういう方は、股関節の部分だけ、が異様に柔らかい状態。
全身で見ると、部分的に柔らかくそれ以外は固いという、言わば歪んだ体というふうに解釈もできます。

こういう体って、一見柔軟性はあるから怪我なんてしないだろう、って思われるけれど、全身の筋バランスが崩れた状態なので、意外に怪我が多かったり疲れやすかったりします。

本当に体が柔らかい状態というのは
固い床の上に座っても寝転がっても、痛みを感じない状態。


時々、チェックのために固い床の上で寝転がったり座ったり、ヨガしたり、ストレッチしたりやってみてください。

痛み、違和感、無用な体の力みがある時は
全身の筋バランスや関節の柔軟性のバランスが崩れている可能性大、です。

うちのボディワークのお客さま。
数年前、入会されたころは、固い床が本当に苦手でした。
ボディポテンシャルで体の使い方の癖が修正されるにしたがって

疲れにくくなり
痛みが出なくなり
怪我をしにくくなりました。

でも、開脚前屈は苦手、なんですけれどね(笑)。


体の一部分が過剰に柔らかい事よりも
全身の筋肉や関節の動き方・柔軟性のバランスが取れてる事がすごく大事です。

______________
JBP身体機能改善ボディポテンシャル公認指導士
JMAAメディカルアロマ認定アドバイザー
MBCスクール主宰
武内美紀(プロフィール)

ハードなトレーニングで体を壊しかけたのを、頑張らない体操ボディポテンシャルで改善。
現在、慢性的な肩こりや腰痛・膝痛にお悩みの方の運動指導をさせていただいています。
メディカルアロマを取り入れて、運動ではカバーできない心身のケアのご提案もしています。
______________
人気ブログランキング ブログランキングブログ村 画像の説明この記事「いいね!」と思われたらクリックプリーズ

おすすめコラム「休めない時こそ知っておきたい。心身の調整法」

プロフィール / お問合せ / アクセス / HP / ブログトップ / RSS / FBページ

無料メルマガ登録者募集中 読むだけで自分の癖の気づきになる
リンク(赤)【無料メール講座「肩コリを治す5つのコツ。いつもの【しぐさ】を再チェック」】 からどうぞ。

instagram twitter facebook

メニュー

メディカルアロマ 医師とともに考えたアロマテラピー

ボディワーク(身体機能改善体操、骨盤体操、ヨガ)

セルフリンパケア

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional