疲れ・むくみ冷え解消、更年期、慢性的な肩こり・四十肩や腰痛予防軽減、猫背改善ストレッチ、骨盤・介護予防体操、セルフリンパケアとメディカルアロマテラピー 福岡市南区高宮 健康づくりサロン MBCスクール

二の腕引き締めを効率よくするためには。指導のされ方でも変わる…

二の腕引き締めを効率よくするためには。指導のされ方でも変わる…

二の腕引き締め 二の腕を細くする方法 二の腕を引き締める方法

定期的に開催している身体改善塾。
ボディポテンシャルメソッドの指導士の先生方向けの勉強会。

6/20のテーマは「二の腕」。

リバースプッシュアップをしながら
「正しく行なえない人は何が原因でできないのか?」
を探りました。

運動で大事なのは「正しく行なうこと」。。

でも…時々、不安になりませんか?
「ちゃんとやれてるのかな?」って。

二の腕引き締め 二の腕を細くする方法 二の腕を引き締める方法

筋トレは、フォームと体の使い方がすごく大事。

「ほんの少し、肩甲骨の動きが悪い」
「腹筋がかすかに落ちてる」
「背骨の柔軟性が落ちてる」

こういった、「腕」以外の体の使い方に間違いがあると、とたんに効果が出にくくなります。

お腹の筋力不足だったり、背中の固さだったり…。
筋トレがちゃんと出来ない時は、全身の様子を見ての修正が良い結果につながることを体感してもらいました。


面白かったのは、背中を検証してた時のこと。参加者のお一人の背中のある部分が、固い。。

そこで、固い部分に意識を向けて「動くイメージ」をしながら再度トライ。

おお、じわじわと背中がほぐれていくのが分かります(驚)。

「イメージや意識は動きの質を変える」ということがよく分かりましたよ。

二の腕引き締め 二の腕を細くする方法 二の腕を引き締める方法

腹筋や背中がほぐれた状態で「リバースプッシュアップ」を再び。

トレーニングフォームに無駄な力みもなくなり、動きの質がよくなったので、二の腕の引き締めもさらに効果アップしました。

なぜ、動きの質が良いとトレーニング効果がアップするのか?
筋トレ動作の行なうのに、本当に必要な筋力を使うから(=無駄な力が抜ける)、疲れにくいので、回数を増やせるんですよ。

筋肉を付けるには…
・負荷をかけること
・回数を増やすこと

この2つの掛け算で効果が変わります。


特に女性の場合、マッチョでなく、細身で引きしまった筋肉を好まれるので、やたら負荷をかけて筋肉を太くするのは嫌なんですよ。

そのためにはある程度「回数をこなせること」が大事なんですよね。

欲しいすっきり引きしまった体にするには、正しいフォームで回数多くできるスキルが必要になります。

また…
体は全身で「1つ」「1つの動き」を構成してるので、部分的にどうこうしようとするのは「非効率」だと思います。

多いんですよ…。
パーツで鍛えようとして、それぞれは筋肉もりもりでも全体のバランスが崩れてるケース。

これは、慢性的な怪我の原因にもなるから、やめた方がイイです。

なので、トレーニングする時は、部分的に鍛えるのではなく、全身のバランスをよ~く見ながらやることが大事。
こういうのはボディポテンシャルメソッドの体の使い方トレーニングしてると、自然にバランスが取れてきます。


姿勢が崩れた時も、全身の動きから判断し、分析すると、原因が見つけられ、同時に対策も立てやすくなります。

今日やったこと、各先生方のご指導に活かしていただけたら嬉しいなぁ。
ただやみくもに動いてもダメですからね。
きちんと間違ってる点を見つけ出し、ちゃんと解消策を提案できる指導者でいてほしいです。

「やればできる」とか「頑張ってたらできる」なんて、曖昧な指導は受ける側は困っちゃいますから(笑)

画像の説明

レッスンの前後には、メディカルアロマテラピーのジェルでボディサポート。
「筋肉の動きがよくなるアロマジェル」「筋肉痛ケアジェル」で、ボディケアもばっちりです。

「マッサージしないアロマ」なので、運動時もすぐに使えて便利です♪

このブログ記事一覧はこちら

MBCスクール主宰
武内美紀(プロフィール)


ハードなトレーニングで体を壊しかけたのを、頑張らない体操ボディポテンシャルで改善。
現在、慢性的な肩こりや腰痛・膝痛にお悩みの方の運動指導をさせていただいています。
メディカルアロマを取り入れて、運動ではカバーできない心身のケアのご提案もしています。

にほんブログ村 健康ブログ セルフケアへ

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional