ステイホームが長くなった時に、足腰の弱りをカバーするには


ステイホーム時に気になるのは体力低下じゃないでしょうか?
感染症感染拡大から緊急事態宣言、在宅ワーク推進ということで、生活行動も動かない条件がそろってしまいます。

そこで、足腰や膝に問題が無ければ、縄跳びなんかおすすめです。

縄跳びと言ってもごく軽くでOK。
あと…
縄を持たずに「エア縄跳び」でもいいのですヨ 😉

10回も飛んだら
「結構ハードですよね~~!」ってなるかも?

ただ、縄跳びも正しく体を動かさないと、あとで体を痛める原因になります。

気を付けるポイントをまとめてみましょう。

●上半身を引き上げる
●下腹部を軽く引き締める
●ジャンプはプチスクワットの連続動作
●なので、ジャンプ中、「股関節ー膝ー足首」の3関節が、同じタイミングで屈伸するように意識する
●最初は10回くらいから始める。いきなりたくさんやると、膝や腰に負担がでる

いかがですか?

 

さて。黄色にマーカーの部分。
「股関節ー膝ー足首」の3関節が、同じタイミングで屈伸するように意識する

実はこの動作。運動の基礎、と言ってもいいくらい大事な動きなのです。
ほとんどのエクササイズ。
この

「股関節ー膝ー足首」の3関節が、同じタイミングで屈伸するように意識する

が正しくやれてるかどうか?
で運動効果が変わってきます。

当スクールのボディワークレッスンでも、至る部分で取り入れてるワーク。
これがうまく出来ていないときは、痛み違和感につながったり、怪我の遠因になったりします。
↓↓↓

「トレーニングを頑張っているのに、効果出ないな」
と感じたら、この関節の使い方チェックもおすすめです。

家でできるボディメイク。
コツコツ続けて、体力キープしましょうね。

困ったらボディワークレッスンで相談にのります。
自分では気づけない落とし穴に落ちてるかもしれませんしね。

ボディワーク
お問合せ

メディカルアロマとエクササイズで健康作り応援!
健康作りサロンMBCスクール
主宰:武内美紀


女性の元気をアロマとリンパ体操で応援! - にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ セルフケアへ
にほんブログ村


福岡市ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です