ぎっくり腰の原因は?意外な2つの原因。


ボディワークのお客様(50代、女性)からSOSのLINEをいただきました。

「4日前にぎっくり腰になりました。。ずいぶん動けるようになりましたがまだ立ち上がりや、座る時がそろり状態です。何か対処法になるストレッチとかありますか?」

 

急いで、一番安全な体操動画を送信。

LINEをいただいて6日後(発症から10日後)にボディワークのレッスンにいらっしゃいました。

さて、このお客様のぎっくり腰。
原因は果たして、腰だけの問題だったのでしょうか?

腰回りの現状
動作チェックの体操をまずしていただきます。
確かに腰の動きに変な癖がついています。

女性にありがちな「反り腰」。
そして反り腰から起きる腹筋力低下。

病院でも「腹筋力低下」は指摘されたとのこと。
では、腹筋運動を頑張ればよいか?というと、実は、それも疑問。
この疑問はお客様もうすうす感じていらっしゃってて、それもあって当スクールに相談されました。

【腹筋力低下の原因、その1】

動作チェック時に明らかになったのは「足首」。
歩くときに足首を固めて歩く癖がありました(パッと見た目では分からない程度)。
足首に無駄な力が入った状態って、実は腹筋を使わない状態を作り出しやすいのです。

その足首の癖が、腹筋を使わない悪い癖も作り出してしまってました。

 

【腹筋力低下の原因、その2】

もうひとつの原因は、微妙な猫背。
猫背は肩甲骨周りを固めてしまい、背中の筋肉の使い方のバランスを乱れます。
それは体幹の乱れにもなり、結果、腹筋を上手に使えない体を生み出してしまいます。

 

【まとめ】

このお客様のケース。
腹筋を低下させる原因は、
足首と肩甲骨の硬さというのが分かりました。

そこで

・全身のバランスを整える足首の動かし方
・上半身と股関節も同時に整える肩甲骨の動かし方

を学んでいただきました。

結果、使えていなかった腹筋が復活。

 「病院で『腹筋運動をしなさい』と言われましたが、なんとなく、『腹筋付けるだけでいいのだろうか?』という疑問がありました。あくまで直感でしたが。

レッスン受けて、腹筋だけの問題じゃなく、本当に直さなきゃいけないことが分かってよかったです。
あのまま、普通の腹筋運動だけで済ませていたら、今は良いけれど、将来、またぎっくり腰になる可能性も残っていたかもしれない、と思います。

本当に必要なことが分かって安心しました」
(お客様談)

 

ボディワーク終了後
ご自宅用にと3つのトレーニング動画をプレゼント。
(このお客様用に作ったもの)

こんな時は、日々の数分間の体操が、治療の代わりになります。

ボディワークは
・グループレッスン
・個人セッション
の2つがあります。

体の正しい使い方を学ぶことで、腰痛や肩こりの予防解消改善になります。
お気軽にお問合せください。

また、もっと深く学びたい、仕事に活かしたい、という方向けの講座も行なっています。
こちらもお気軽にお問合せください。

ボディワーク
お問合せ

メディカルアロマとエクササイズで健康作り応援!
健康作りサロンMBCスクール
主宰:武内美紀

 

 


女性の元気をアロマとリンパ体操で応援! - にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ セルフケアへ
にほんブログ村


福岡市ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です