その鼻水、風邪?花粉症?どこで見分ける?コロナ禍で気を付けたい感染対策のポイント。


花粉の季節。
鼻水
くしゃみ
鼻づまり。

風邪の症状と酷似してるので、コロナ禍の今、見分けがやっかいです。

でも、ひとつ、素人でも分かりやすい大きな違いがあるんですね。
それは…

目のかゆみが、あるか? ないか?

目のかゆみが出た時は花粉症が濃厚です。

そして、コロナ禍の今。
目のかゆみが出た時に、すごく気をつけたいのは…

目をこすらないこと

目や口、といった粘膜の部分からの感染が一番怖いのです。
どうしても触れる場合は、エタノールで手指消毒してから、触れてください。

 

私も(花粉症ではないですが)
首から上、頭部に触れるときは必ず手指消毒をしてから触れます

 

感染症対策のファーストステップは

ウイルスを体内に入れないこと。
(この考え方は、花粉症などのアレルギーともつながりあります)。

手指消毒、もう一度見直してみてくださいね。

NPO日本メディカルアロマテラピー協会では
コロナ禍対策講座や、その指導者育成講座も実施中。
当スクールでも随時開催しています。

正しく対策して、コロナ禍を元気に乗り切りましょう。

詳しくはメディカルアロマテラピーページの新型コロナ感染症対策とメディカルアロマのミニ知識編】をご覧ください。

 

メディカルアロマテラピー
お問合せ

メディカルアロマとエクササイズで健康作り応援!
メディカルアロマMBCスクール
主宰:武内美紀

 

 

 

 

 

 


女性の元気をアロマとリンパ体操で応援! - にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ セルフケアへ
にほんブログ村


福岡市ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です