ローズよりも安くて優秀な精油で作るかかとの荒れ用アロマクリーム。絶大な人気です。


かかとの荒れ。
結構悩んでる女性、多いのではないでしょうか?

ストッキング、タイツに引っかかって伝線!
サンダルはいた時に、ドキつ!!!

そんな方は、メディカルアロマの「かかとケアクリーム」、試してみませんか?

肌を保護するクリーム基材は優秀!
保湿のソフトタイプクリーム
保護のハードタイプクリーム

どちらも「日本薬局方レベル」の基材。
※NPO日本メディカルアロマテラピー協会のもの。
「日本薬局方」とは(厚労省HP)

肌に付けるものは、とても管理が大事。
一般的なアロマで使われる「ミツロウ」は、実は、雑菌が繁殖しやすく扱いが難しいのですよね。
雑菌が繁殖したクリームを知らずに使って、もし、そこに見えない傷があったとしたら?
化膿するリスクは断然高くなります。

なので、当スクールはNPO日本メディカルアロマテラピー協会のやり方を遵守し、「日本薬局方レベル」の基材を使うようにしています。

そこに混ぜる精油は

・ゼラニウムエジプト
・パルマローザ

ゼラニウムにもいろいろあって、ゼラニウムエジプトを使います。

パルマローザは精油ローズよりも美肌成分がたっぷり含まれている優秀な精油。
お値段は…ローズの約1/9!
※お値段はこちらのページで確認できます。

なぜ、そういうことが分かるか?というと
「精油」で選ぶのではなく、「成分」重視で選んでいるから。

美肌成分名。
それは「ゲラニオール」。
精油ローズにも当然含まれてます。
が!含有量が低い。精油ローズで20パーセント。

対して精油パルマローザはなんと80パーセント!

お値段は、精油ローズ約1/9で、含有量は4倍!

コスパを考えると断然、精油パルマローザに軍配が上がります。
(精油ローズには、肌刺激になる成分ネロールが含まれているので、少し避けたい)

アロマテラピーをする時、「精油名」で選びがちですが
本当は
・目的にあった作用と成分
・その含有量
から選んだほうが、目的に合ったレシピ選びができます。

当スクールのメディカルアロマテラピーは
「作用、成分、含有量」重視のアロマテラピー。
精油名でレシピを作ることはないのです。

ここが「メディカル」と言われる大事な点。

他のメディカルアロマ協会から、当スクールのメディカルアロマを学んだ方は、口をそろえて
「ここまで、成分をしっかり分析して考えたのは初めてです。薬学ですね」と仰います。
成分が明確だから、だれがレシピ作っても同じレシピになります。

この再現性の高さが、当スクール・メディカルアロマテラピーの人気の秘密です。

記事でご紹介した「かかとケアクリーム」はメディカルアロマ手作り会がお作りいただけますので、お気軽にお問合せください。

また、本格的なメディカルアロマテラピーを学ぶ講座も随時開催中です。
「メディカルアロマ健康管理士講座」と成分や病理学・薬理学も学ぶ「初級講座」。
「本物」を学んで、家族とご自分の健康管理をよりグレードアップさせましょう。

メディカルアロマ手作り会
メディカルアロマ健康管理士講座
初級基礎講座
初級応用講座

メディカルアロマテラピー講座一覧

お問合せ

メディカルアロマとエクササイズで健康作り応援!
メディカルアロマMBCスクール
主宰:武内美紀

 

 

 

 


女性の元気をアロマとリンパ体操で応援! - にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ セルフケアへ
にほんブログ村


福岡市ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です