春先のしみ、たるみ、しわのケア、スキンケアで見落としがちなことと対策


春分を過ぎるとあっという間に気温もアップ。
桜開花もどんどん進む福岡です。

暖かくなると女性にとって気になるのが

紫外線。

紫外線は肌にダメージを与えるのが分かっていますから、スキンケアをきちんとしておきたいですね。

 

【年間の紫外線量をご存じですか?】

お住まいの地域の紫外線量は、気象庁のサイト調べられます。

ちなみに2020年の福岡は?

札幌も見てみました。

沖縄

色が濃ゆくなるほど強さが増します。
住んでいる地域によっても紫外線量は全然違いますね。

これを見ると、スキンケアのやり方も状況に合わせて選ぶ必要を感じます。

 

【やっかいなUV-A】

上のグラフでは比較的冬季は紫外線量は少ないのですが
ここでもう一つ、やっかいなことがあります。

紫外線には3つありますが、その中のひとつ「UV-A」は年間通して地上に降り注いでいること。
この「UV-A」。
しわやたるみの原因になりやすいこと。

そう考えると、紫外線ケアは年間必須になってきますね。

 

【春先の手入れに一番必要なものは?】

紫外線ケアというとすぐに思い浮かぶのが「日焼け止め」。
ですが、ちょっと待って!

ガードも必要ですが、今、肌の状態を整えることも同時に行なうことも必須。
それは
潤い。保湿。

空気の乾燥
エアコンの風
ストレス

肌に悪い影響を与えるものは、身近にありすぎますよね。
自分では十分だと思っていても、意外と保湿が不十分なことは多いです。

乾燥すると肌のキメが乱れてしまいます。
キメの乱れが一番まずい!

今一度、保湿ケア、見直してみましょう。

 

【保湿にはストレスケアも必要】

ストレス。
実はこれも肌にダメージを与えます。

人ってストレスがかかると、自律神経のうちの「交感神経優位」状態になって自律神経のバランスが乱れやすくなります。

自律神経のバランスが乱れると、皮脂の分泌量にも乱れが出て、肌が乾きやすくなります。

「最近、忙しい」
「睡眠不足」

こんな時は「交感神経優位状態」になってますから、ゆっくり心身を休める時間を作ってみましょう。

 

【スキンケア、ストレスケアをサポートしてくれるメディカルアロマテラピー】

こういった肌や心の健康管理に、メディカルアロマテラピーはとても心強い味方。

メディカルアロマテラピーの保湿クリームは、
肌の乾燥状態に合わせて、セルフカスタマイズできるので、
いつでも「ちょうど良いスキンケア」ができます。

ストレスには、精油の持つ「自律神経安定作用」を活かしてジェルと作り、手首に小豆1粒大を塗るだけの簡単なもの。
マッサージも不要なので、自宅簡単にできるので、セルフケアにもってこいです。

「香り」をかぐこともしないアロマなので、
「匂い」が苦手でも、気持ちよく使えるのがいい。

よくアロマテラピーで
「自宅でディフューザー使ってたら、家族から『匂いがいや』と言われて、アロマテラピーができなくなった」
なんてお話もよく聞きます。

メディカルアロマテラピーは「香りによるケア」は一切しないので、こういう心配も避けられます。

 

【まとめ】

肌は美容にためだけでなく、健康作りにも大事なもの。
肌は菌や花粉など異物の侵入も阻止しています。
また、紫外線は体の抵抗力(免疫)も落としますから、気をつけたいですよね。

きちんと肌ケアをして、健康管理もしていきましょう。

 

メディカルアロマとエクササイズで健康作り応援!
MBCスクール
主宰:武内美紀
お問合せフォーム

 

▼メディカルアロマを日本に導入した第一人者の講演会開催!

 


女性の元気をアロマとリンパ体操で応援! - にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ セルフケアへ
にほんブログ村


福岡市ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です